先輩社員インタビュー:営業部 宮崎政樹

高知県立大学 文化学部 卒

いちヘヴィメタルファンとして、サウンドやパフォーマンスを支えている機材を担っている会社に

 

Q:どんな仕事ですか?

 

インターネットで検索した際の検索結果画面に表示されるGoogle広告の作成や、広告を表示する戦略の管理を行っています。リスティング広告は、ECサイトにとって重要なユーザーの流入経路の一つです。商品カテゴリーによって効果のある戦略や施策が異なるため、それぞれの担当マネージャーと相談・協力しながら日々改善をしています。また、リスティング広告は次々と新しい技術が導入され、日々進化しています。それらに都度対応することは、とても大変ですが同時にやりがいも感じる業務です。

 

Q:だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

 
数々の代理店メーカーをもつサウンドハウスでは、アーティストの公演を見に行く機会もたくさんあります。私も何度か機会をいただき、入社1年目には北欧のデスメタル・バンドWintersunを、入社2年目にはヘヴィメタルの重鎮Judas Priestのライブを見ることができました。いちヘヴィメタルファンとして、それぞれの公演を大いに楽しんだのはもちろん、その素晴らしいサウンドやパフォーマンスを支えている機材を担っている会社にいるのだと思うととても感慨深い体験でした。

Q:ズバリ!私がこの会社を選んだ理由は?

 
趣味でギターを演奏しており、楽器や音楽に携われる会社を探していました。そんな中、自分もユーザーとして使っていたサウンドハウスの求人が目に止まり興味を持つようになりました。面接の際にも「どんな楽器を弾くの?」「どんな音楽を聞くの?」「バンドやってる?」と楽器や音楽に関連する質問が多く、私が答えると面接をしてくださった方々も、楽しそうに返してくださったことが印象的でした。入社前に先輩方からも仕事の話をたくさん聞かせていただき、一緒に仕事をしたいと思い入社を志望しました。

【先輩からの就職活動アドバイス】

 
企業研究や、説明会へ参加することは、会社の空気・雰囲気がつかめるだけでなく、その会社に入ってから自分に何ができるか、何を強みにできるか考える材料にもなります。就職活動を通して今まで見えていなかった自分の強みに気付けることも多いはずです。実りのある就職活動になるよう頑張ってください。


先輩社員インタビューTOP