先輩社員インタビュー:システム 大塚暢寛

千葉工業大学 情報科学部 情報工学科 卒

会社を縁の下で支える仕事だと実感できた

 

Q:どんな仕事ですか?

 
ITを駆使して問題、難題の解決、業務効率化を行っています。時には、必要になる機材の調達や会社間の調整も行っています。普段は大量のコンピュータの管理をしていて、お客様が使うWEBサイトや社員みんなが使う業務システムに支障がでないよう調整をします。 トラブルが起こった場合には、影響を最小限に食い止めるため奮闘しています。 業務で困っている部署や社員がいれば、技術、知識と経験を駆使して業務上の問題を解決する後方支援役とも言えるでしょう。
 
業務システムインフラやWEBサイトインフラなど、グループ各社のITインフラの構築案件から運用まで一手に引き受けています。 インフラの構築から運用まで基本的に内製しており、設計に直接関わり、存分に自分のアイデアを反映させることが可能です。
直近の大きな案件としては、グループ各社で使用する業務システム向けのサーバ仮想化基盤の構築を、約2ヶ月間にわたり2名体制で行いました。 主な設計は私自身が担当し、機器の調達、キッティング、設定など全ての工程に関わることができました。 完成後の保守、運用なども管理するため、自ら作ったシステムが実際に運用されるまでの流れを実感できる面白さは格別です。

 

Q:サウンドハウスを選んだ理由は?

 
外部に委託せずに、自社で業務システムを構築しており、その範囲もネットワークからサーバー、プログラム開発まで一通り自分たちの手で行ってきているのが魅力でした、色々な仕事が経験できるから、システムエンジニアの仕事全体を広く把握でき、早くから多岐にわたり力を発揮できると思いました。
 
私の場合、就職活動を始めたのがとても遅く、選べる企業は少なかったのですが、はじめからITエンジニアの仕事がしたいと考えていました。 この会社への就職の決め手となったのは、具体的にどんな仕事をするのかイメージできたからです。 最初の面接で、社長、システム部リーダーと面談する機会があり、様々なことを質問し、システム部の仕事がどのようなものなのか詳しく教えてもらいました。 仕事内容は、自分がイメージしていたものと一致しない部分がありましたが、そこに興味を引かれるところもあり、結果として当社を選びました。
また、オーディオ鑑賞が趣味だったこともあり、趣味と実益を兼ねて音楽系の会社でITエンジニアの仕事ができるということにも魅力を感じました

Q:サウンドハウスに入社して良かったことは?

 
システムとしての業務以外にも広く色々なことを経験できた事です。ドイツ、淡路、徳島県と出張が多く、その先々で様々な社会経験ができました。中でも、海外の大型物流システムなど実際に見たり、知ることが難しいことまで経験することができました。
 
入社4年目で、データセンター移設のため、WEBサイトインフラの総入れ替えを行うプロジェクトがありました。 私は部署内で一番の若手でしたが、既存のインフラ構成に精通しているということもあり、プロジェクト全体を取りまとめる立場を初めて任されました。 当然、わからないことや実力不足を実感することが多く、先輩や外部スタッフの力を借りながら、ただがむしゃらに仕事に打ち込みました。 結果として、プロジェクトは成功し、WEBサイトのレスポンスやキャパシティも大きく改善することができました。 後日、お客様よりWEBサイトの変化に気付いたとの声が届き、プロジェクトの成果を改めて実感できたことは、とても嬉しかったです。 このプロジェクトを乗り越えたことで、社会人として、ITエンジニアとして一皮剥けたのではないかと思いました。

Q:今後の意気込みは?

 
これまで学んだ事を生かし、失敗を恐れず多くの問題にチャレンジして、一つでも多く問題解決して、よりよいサービスをお客様に提供できるようにしたいと思います。

Q:就活生にメッセージを

 
将来の安定を見据えて会社を選ぶことも大事ですが、私の場合は、自分が活躍できる環境があるかどうかを重視して会社選びをしました。 また、重要な仕事を任せてくれるか、自分が成長する機会を与えてもらえるかということも大事だと気付きました。
自分はどうなりたいのか、どのように成長していきたいかということが重要なので、自分なりにじっくりと考えて会社選びをしてください!


先輩社員インタビューTOP